現金化サービスを利用した時に商品の郵送には注意を

Home » バレない現金化攻略法 » 現金化サービスを利用した時に商品の郵送には注意を

現金化サービスを利用した時に商品の郵送には注意を

様々な理由からできることなら家族にバレずに現金化したいと考える方も少なくありません。
最近では現金化サービスを利用しても、申込から現金振込まで全てインターネット上で完結するため、基本的に他人に知られることは少ないです。
ただし思わぬ落とし穴もあって、そのひとつは商品が自宅に届くことで家族に怪しまれてバレてしまうということです。

現金化を利用する場合には、購入商品の受取をしないと商取引が成り立たないため、郵送されてくる商品を必ず受け取る必要があります。
もし受け取らないと換金目的によるクレジットカードの利用と明確になって違法性が高くなるのです。
ただ自宅に商品が郵送されると、クレジットカード現金化が家族にバレてしまうので困ってしまいます。
そのようなことを回避するためには、商品の自宅への郵送をストップさせるといった対策を実施する必要があるのです。

実は、現金化業者もそうした点を考慮して、郵便局留めや営業所留め・コンビニ受取に設定することができるようになっています。
しかし、郵便局留めを指定した場合に注意しておきたいことは、商品の預かり期間が10日間になっていることです。
その為、10日間を過ぎてしまうと送り主である業者に返送されてしまうので、10日間以内に必ず取りに行くようにしましょう。

もし、やむを得ず自宅で商品を受け取るしか方法がない時には、時間を指定して必ず自分が受け取れるように準備しておくことです。
また家族が受け取った時のために、事前に何が送られてくるか把握した上で購入理由など、家族に疑われないように考えておくようにしましょう。

このようにすることで、家族にバレることなくクレジットカード現金化することができますが、それ以外にもバレてしまう原因がいくつかあります。
例えば、業者からの電話・現金化を調べた履歴・クレジットカードの明細書などがあります。
商品の郵送だけでなく、これらに関してもしっかりと対策しておく必要があります。

バレない現金化攻略法