現金化のカード決済の明細書を郵送されないようにする方法もある?

Home » バレない現金化攻略法 » 現金化のカード決済の明細書を郵送されないようにする方法もある?

現金化のカード決済の明細書を郵送されないようにする方法もある?

クレジット現金化の主な取引方法としては、買取方式とキャッシュバック方式の2種類があります。
買取方式とは、現金化業者が指定した店舗で商品をクレジットカードを使用して購入して、その商品を現金に換金してもらうことでお金を手にすることができます。
このようにクレジット決済で商品を購入するので、後日クレジットカード会社から利用明細書が郵送されてくるので、いつどこで商品を購入したのか確認することができるのです。

一方キャッシュバック方式は、現金化業者が指定するオンラインショップで、クレジット決済により商品を購入すると、その購入した商品に付帯されている景品が現金となって指定する口座に振込まれる仕組みになっています。
その為、キャッシュバック方式も買取方式と同様に利用明細書が郵送されてきますが、利用明細書で内訳を確認することはできません。
ただ、いずれにしても自宅に利用明細書が郵送されてくるので、それにより家族に現金化したことがバレてしまう可能性があります。
家族に内緒で現金化している場合には、利用明細書が郵送されてくることは危険なので、何らかの対策を行う必要があります。

実は、現在では資源保護の観点からペーパーレスといって紙媒体から電子媒体にする傾向があって、クレジットカードの利用明細書についても同様です。
その為、家族にバレないようにするために、こうした背景を利用するのもひとつの方法で、利用明細書を自然な形で紙媒体からWEB上で確認できる電子媒体に変更すると良いです。
また、クレジットカード会社もWEB明細を推奨しているので、自宅に明細書が郵送されることなくネットで確認するWEB明細に問題なくできます。

昔に作ったクレジットカードの場合には、カード会社に問い合わせるか、ネットで変更手続きをするかなどの手続きが必要になりますが、バレる危険性は軽減できます。
このようにカード会社からの利用明細書が郵送されないようにすれば、家族の目に触れることはなくなるので、完全に利用明細書からバレることは防げるのです。

バレない現金化攻略法