現金化がクレジットカード会社にバレたらどうなる?

Home » バレない現金化攻略法 » 現金化がクレジットカード会社にバレたらどうなる?

現金化がクレジットカード会社にバレたらどうなる?

急にお金が必要になった時に、クレジットカード現金化は比較的気軽に現金を用意する方法として利用できます。
しかし、わざわざクレジットカード現金化を利用するのは、キャッシングもカードローンも利用できなくて、しかも家族や知人に相談できないという状況の可能性があります。
その為、できることなら家族などにバレることなく現金化をしたいという方も多くて、少しでも家族にバレるリスクを避けるためには、何に気を付けたら良いのかを考えることでしょう。
しかし、家族にバレることよりも注意しなくてはならないのが、現金化がカード会社にバレた時のことです。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が付帯されていて、それぞれの目的によって使い分けることが一般的なことです。
しかし現金化は、本来はショッピングに使用するショッピング枠を使用して、現金に換金する行為なのでカード会社の利用規約に違反していることになります。
法律に違反する行為ではないので、何食わぬ顔で現金化を利用している方も少なくありませんが、本来現金化をすることは許されていないのです。
このようにカード会社の利用規約に違反している行為なので、もしカード会社にショッピング枠の使用用途が現金化とバレたら、それなりの処分が行われる可能性があります。

では、カード会社にショッピング枠で現金化したことがバレたら、どのようなペナルティーが課せられるのかというと、そのひとつはカードの使用停止です。
また、現在返済している利用金額の支払いに関して、残高一括請求されることもあります。
それから、カード会社の利用規約違反ということが、事故として信用機関に報告されるので、新しくカードを作ることができなくなってしまうこともあるのです。

このように、ショッピング枠の現金化をしたことがカード会社にバレたら、様々なペナルティーにより悲惨な事態を生じてしまうのです。
クレジットカード現金化にはリスクがあることを認識して、利用する際は十分検討することが大事です。

バレない現金化攻略法