家族にバレにくいけど自分で現金化するには注意点がある?

Home » バレない現金化攻略法 » 家族にバレにくいけど自分で現金化するには注意点がある?

家族にバレにくいけど自分で現金化するには注意点がある?

クレジットカード現金化するには、買取式とキャッシュバック式の2種類の方法がありますし、自分で行うのと業者を利用するといった方法があります。
ただ自分でクレジットカード現金化をする場合には、どうしてもクレジットカードで商品を購入して、その商品を転売するといった買取式の方法を選ぶしかないです。
しかし、自分で現金化する買取式なら家族などにバレるリスクは少ないので良い方法と考える方もいます。

でもクレジットカードで転売目的の商品購入をすることは、カード会社の利用規約に違反するので、別のリスクが発生することを注意点として知っておく必要があります。
実は、現金化は法的には問題はないのですが、カード会社が定めるルールに違反しているため、現金化がカード会社にバレたら利用停止など様々なペナルティーが課せられる恐れがあるのです。
ですから、そうしたリスクを負ってまでクレジットカード現金化をする必要があるのかを、じっくりと検討しなくてはいけません。

転売目的で商品を購入しているのかについては、クレジットカード会社に言わない限り分からないのではと考える方も少なくないです。
その為、転売目的で商品を購入したとしてもカード会社にバレることはないと思われるでしょうが、カード会社も現金化を警戒しているので、購入の仕方や商品ですぐに疑われてしまいます。
カード会社にバレてしまいやすいのは、換金性が高くて同じ商品をいくつも買うような行為でこれは注意点のひとつです。

例えば、換金率の高い新幹線の回数券を大量にクレジットカードで購入すると、転売目的で購入していると疑われます。
またゲーム機も換金性が高くて、新品を購入して買い取ってもらうと、約80〜85%程度の換金率で現金を手にすることができます。
しかし、単価が安いので大量に購入しなくては希望する現金を手にできないため、大量購入してしまうとすぐにカード会社に疑われてしまうのです。
このように自分で現金化することは、カードの利用停止などのリスクがあるので、注意点として認識しておくことが大事です。

バレない現金化攻略法