クレジットカード現金化はどんな時に家族にバレるのか?

Home » バレない現金化攻略法 » クレジットカード現金化はどんな時に家族にバレるのか?

クレジットカード現金化はどんな時に家族にバレるのか?

借金がバレた時に関係がぎくしゃくしてしまう可能性が考えられるため、パートナーや家族に内緒で借金をするケースも少なくありません。
その為、家族などに比較的バレにくく現金を用意できる方法として、クレジットカード現金化を内緒で利用する人もいます。
しかしクレジットカード現金化も、同居している家族にバレることもあって、どんな時にバレるのかを事前に知って、バレない対策を心がけることも必要です。
どんな時にバレるのかのポイントを理解して、それを乗り越えられればバレることなく現金化できます。

クレジットカード現金化がバレるのは、どんな時でどんな原因なのかというと、業者から電話がかかってきた時、商品が送られてきた時、パソコンの閲覧履歴が残っているため、カードの明細書が郵送される時などです。
このように考えられる以外にも原因がありますし、どんな時にバレるか分からないので、できる限りの対策をしておいたほうが安全です。

業者からの電話でバレないようにする対策としては、連絡可能な時間帯を事前に業者へ伝えておくとか、メールのみの連絡ができるか確認しておくと良いです。
商品が送られてバレることの対策としては、郵便局の局留めや宅配便の営業所留めにして、自宅に郵送しないようにしておくことです。
パソコンの閲覧履歴からバレないようにする対策は、単純に閲覧履歴を消去しておくことで、またスマホで閲覧するのも対策のひとつになります。
カードの明細書でバレないようにする対策はWEB明細に切り替える方法があって、このような対策をしておくと家族などにバレることを多少は軽減できます。

それから、ネットサービスではなくて実店舗を利用するのもバレることを回避するひとつの方法として考えられることです。
実店舗の現金化業者を利用すれば、店舗ですべてが完結するので銀行口座への振込や商品の到着でカード現金化が家族にバレることはありません。
後はクレジットカードの明細だけをしっかりと管理すれば問題ないですが、地域に店舗が無ければ利用できないので限られた人のみ利用できる方法です。

バレない現金化攻略法